新大阪支部からのお知らせ

平成30年度 第2回不動産業務研修会(Web研修)のご案内

2018年09月26日

この研修会は会員の更なる資質向上のために行う、大阪宅建協会研修規定に定められた受講義務のある実務研修会です。

<動画視聴期間>

平成30年10月9日(火) 午前0時 ~ 11月9日(金) 午後11時59分

<受講方法>

大阪宅建協会Webサイト(https://www.osaka-takken.or.jp/)の
会員専用ページよりWeb研修サイトにログインして研修動画を視聴

※大阪宅建協会の会員専用ページのユーザー名・パスワードが必要です
※確認テスト回答で受講完了

<受講対象者>

宅建協会会員(正会員・準会員A・準会員B・会員業者にお勤めの従業者)

※研修動画を視聴しないと確認テストへ進めません。
期間を過ぎますと自動的に期間外画面になり、確認テストが回答できなくなり、受講されていないことになります。
※研修期間終了間際は回線が混み合う可能性があります。
 

第1部 判例トラブル解説
【研修の目的】
不動産にまつわる裁判は尽きることなく、多種多様な判例が蓄積されます。そのなかで、
宅建業者が実際に遭遇しうる事例をとり上げ、わかりやすい再現映像を用いて弁護士が解説します。
また、各事例を通じて宅建業者が注意するべき点を説明します。 

第2部 重要事項説明書の作成ポイントと見方
【研修の目的】
宅建業法が改正され、平成30年4月より建物状況調査制度に関する説明義務が追加される等
年々説明内容が増えている重要事項説明書について、基本的な記載すべき内容を再確認すると共に
トラブルを未然に防ぐポイントなどを紹介します。 

【全体約87分】
第1部
 ①不利益事実の不告知を理由とする売買契約の取消し(約22分)
 ②過去の集中豪雨災害について、説明すべき義務はあるか?(約15分)
第2部
 ①重要事項説明の意義(約7分)
 ②説明すべき重要事項(概要)(約11分)
 ③重要事項説明書の記載方法(約17分)
 ④民法改正に伴う重要事項説明書への影響(約15分)

 

封書でのご案内は、10月初めとなります。
不明な点がごさいましたら、支部事務局までご連絡下さい。

関連団体・関連事業等リンク集